大杉谷林間キャンプ村のあれこれ

ユネスコエコパークの森[大杉谷]にある、人里離れたキャンプ場です

大杉谷林間キャンプ村について

大杉谷林間キャンプ村について

私たちが管理を始め1年半が経ち、北は東北、南は九州と日本各地からお客様が来てくれるようになりました。WEBサイトだけでは伝わりづらいところもあるため、今回は、私目線の'大杉谷林間キャンプ村'について、説明していこうと思います。

 

私たちは、お客様に本物の自然を楽しんでいただくこと、私たちが大好きな大杉谷の自然を後世につないでいくこと、を目的として営業しています。 

 

当キャンプ場のお客様の中には、お子様連れの方や、翌早朝のアクティビティに向け、早めに就寝する方も多くいらっしゃいます。チェックインや消灯などの時間については、自然を楽しむことを目的にしているお客様に合わせ、設定をしています。

また、自然環境を守るため、ゴミの分別等についても、細かくルールを設けています。お客様によっては、その行為が窮屈に感じることもあるかもしれません。

 

 

はじめて大杉谷林間キャンプ村を訪れる方は、このブログをご一読いただき、みなさんのキャンプスタイルに合ったキャンプ場かどうか、改めてご検討ください。

※あくまでも、'私目線'になりますので、実際のイメージと異なる場合があります。ご了承ください。

 

外遊び好き必見!大杉谷ってどんなとこ?

三重県多気大台町の最深部であり、伊勢まで続く'清流宮川'の最上流部のエリア。

大阪、名古屋から3時間程度のアクセスとなります。

f:id:osugicampsite:20180902200712p:plain

 

 

 

紀伊山地のひとつである台高山脈内に位置し、急峻な山々の連なり、深い峡谷が特徴的です。黒部渓谷、清津峡とともに、三大渓谷の一つとなっています。

f:id:osugicampsite:20180902201927j:plain

 

 

 

絶滅危惧種に指定される野生動物も住むエリアとして、吉野熊野国立公園ユネスコエコパーク国の天然記念物(天然保護区域)に登録されている、貴重な自然環境がここにはあります。

f:id:osugicampsite:20180902202757p:plain

(上の写真はニホンカモシカ。運がよければ、たまに出会えます)

 

 

f:id:osugicampsite:20180902204823j:plain

(大台町の鳥、ヤマガラはキャンプ場にもいるよ!) 

 

 

f:id:osugicampsite:20180902210153j:plain

 (キャンプ場の上空を日没後に飛ぶこともあるムササビ)

 

 

大杉谷の代名詞といえば、百名山大台ケ原まで続く『大杉谷登山道』。手付かずの原生林と多数の滝が楽しめる、近畿の秘境として知られており、近年は関東圏からの登山者も増えています。※中級コースの登山道です。ハイキングコースではありませんので、事前の装備と計画を!

f:id:osugicampsite:20180902205654j:plain

 

 

 

暑い時期は、清流宮川での川遊びや渓流釣り、町内でのSUPなどウォーターアクティビティも大人気!日々変化する『宮川ブルー』をお楽しみください。

f:id:osugicampsite:20180902211957p:plain

f:id:osugicampsite:20180902204338j:plain

 

 

モスフォレストと呼ばれるほど、多種多様の『苔』が自生しており、こちらも見所の一つとなっています。

f:id:osugicampsite:20180902204652j:plain

 

 

夜は、月光浴や星空観測もオススメです。

人工的な明かりがほとんどないため、『本物の夜空』を、お楽しみいただけます。

f:id:osugicampsite:20180909092252j:plain

 まったりするのが最適! 大杉谷の遊び方

大自然のなか、楽しみ方は、あなた次第。

お気に入りのアクティビティを堪能するもよし、鳥のさえずりや、梢の葉擦れ音のBGMを聞きながら、本を片手に昼寝するもよし。場内の木々を利用してハンモックも張れますよ!

 

日が暮れたら焚き火で暖を囲みましょう。18時以降の車の出し入れを制限させていただいておりますので、エンジン音の騒音でムードが壊れてしまうこともありません。

あなたなりの『野遊び』をしてください。穏やかで、自由なひとときをどうぞ。

 

 

[大杉谷でできること]

焚き火、花見、ホタル鑑賞(ゲンジボタル・ヒメボタル)、星空観賞、清流宮川での川遊び、バードウォッチング、虫取り、滝めぐり、渓流釣り、宮川ダム湖クルージング、ボルダリング、サイクリング、トレッキング、野生動物観察、紅葉狩り、ブッシュクラフトなど。

季節に応じた'旬'の観光案内や、管理人おすすめの大台グルメなど、お気軽にお尋ねください。

 ※キャンプ場内には川や遊具はありません。

 

 [キャンプ場でできないこと]

指定場所以外での焚き火、18時を過ぎてのチェックイン、18時以降の外出、21時以降の火の取り扱い、22時以降の宴会、手持ち花火以外の花火、音楽を大音量でかける行為、一気飲みやそれらを助長する行為、チェックアウト以降の施設内の利用など 

 

大自然ゆえに、一般的な便利は一切ない

近年、おしゃれで便利なキャンプ場がいくつも誕生していますが、大杉谷林間キャンプ村は、まさに対極しているキャンプ場です。

 コンビニ、スーパー、ガソリンスタンドが30km以上離れていたり、道中、道が細い箇所があったりとアクセスがよくありません。

施設が古いため、テントサイトへの横付けはできず、上り坂をリヤカーで搬入するか運搬サービスを利用していただく形となります。虫や野生動物もいっぱいいます。

ここには、一般的な便利は、一切ありません。

その代わりに、他では体感することのできない'希少な自然環境'があります。

希少な自然を楽しんでいただける方には、この不便さえも楽しんでいただいておりますが、個人差があることですので、今一度お客様の求めるキャンプ場であるのか、ご検討をお願いいたします。

 

 

大杉谷の自然を愛する方が少しでも増え、大杉谷の自然を残していくためにみなさんのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

そして、みなさんのキャンプライフが、よりよいものになりますように。 

 

camp.boukyomaru.or.jp

キャンプでスペシャルな朝ごはん

f:id:osugicampsite:20180723192112j:plain

〔キャンプで朝活〕

キャンプで楽しみなご飯は夕飯だけじゃない!そう、翌朝の朝ごはん。

キャンプ当日は楽しさの余り、ついつい夜更かしして朝はバタバタで撤収っていうことありませんか?自然の中で過ごすなら、暗くなれば早めに就寝、そして朝は早起きして葉擦れ音や鳥の声に耳を傾けながら、まずは胸いっぱいに美味しい空気を召し上がれ。朝ごはんが早いと使った道具も早く片付けることができて撤収がスムーズ。撤収の目処が立ったら本を読んだり、散歩やヨガなど体を動かしたり、と正しく早起きは三文の徳!

 

f:id:osugicampsite:20180723192250j:plain

[非日常の大自然はどんな食材にも合うスパイス〕

 朝食のメニューはいつもとほとんど変わりなくても、自然の中で食べる朝食は本当に格別。それは人の五感による知覚の割合は視覚がダントツで聴覚、嗅覚、触覚、そして最後が味覚と言われていることが関係していて、美味しさとは雰囲気で決まるとも言えます。視覚で美味しさを更に上げるために、調理器具やカトラリーやまな板、鍋敷き等自分の持っているお気に入りの物を使ってみて。前日に残った食材があれば、朝ごはんで活用できないか考えることも忘れずに!

イベント[メガSUPでいく!秘密の滝アドベンチャーツアー]

f:id:osugicampsite:20180710110547p:plain

[秘密の滝アドベンチャー

 日本有数の多雨地帯である大杉谷にある"宮川ダム湖"。清流宮川の上流部に位置する宮川ダム湖には、長い時間を経て作り上げられた『嵓(くら)』と呼ばれる切り立った岩壁と、日々変化する植物のコントラストが美しい絶景が広がっています。豊富な『水』が生み出す幻想的な景色を眺めながら、流木の合間を進み、秘密の滝を目指す冒険の旅へご案内します。

 

メガSUPって?

水上アクティビティとして近年人気のSUP。今回のツアーで使用するSUPは、最大6人まで乗ることが出来る『メガSUP』と呼ばれる大型の艇になります。現代版の『いかだ』であるメガSUPを、息を合わせて漕ぎ、秘境の旅に出よう。

 

お腹も満タン

お腹がすいたら、スペシャルおにぎり弁当で腹ごしらえ。最高のロケーションの中、愛情たっぷりのおにぎりを頬張れば、自然と笑みが溢れるはずです。

f:id:osugicampsite:20180710110733j:plain

 

 

 

イベント[メガSUPでいく!秘密の滝アドベンチャーツアー]詳細

日 程:7月14日(土)15日(日)16日(祝)21日(土)22日(日)28日(土),29日(日)
    8月4日(土)5日(日)11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)

時 間:10:30~14:00

場 所:大杉谷登山センター(大台町大杉140-40)

    大杉谷林間キャンプ村の坂を下りたところになります。

料 金:25,000円/艇 (4人まで) 27,000円/艇(5人以上) お弁当込

定 員:最大6名

 

 ご予約はベルデ大台ツーリズムのページよりお願いします。

web-odai.info

 

 

 

 

 

 

ワークショップ2018一覧

osugidani-campsite.hatenablog.com

ワークショップ[ていねいに火をつくる]詳細

日 程:9/15(土) 9/22(土) 10/7(日) 10/17(水) 11/17(土)

時 間:15:00~16:30(チェックインは14時半までにお願いします)

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:1,000円/人 (5歳以下無料)

定 員:20名程度

 

 

osugidani-campsite.hatenablog.com

ワークショップ[はじめてのブッシュクラフト]詳細

日 程:「住」編 9/8(土) 10/6(土) 「食」編 11/3(土) 11/24(土) 

時 間:13:30~15:30(チェックインは13時までにお願いします)

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:各回1,000円/人

定 員:20名程度(参加は中学生以上~)

持ち物:ナイフ(ない場合、事前申し込みでレンタルも可能です。)

 

 

osugidani-campsite.hatenablog.com

 ワークショップ[ソロキャンパーのつどい]詳細

日 程:カフェ9/1(土) 10/13(土) 11/10(土)特製カレー9/29(土) 10/27(水) 11/23(金)

時 間:カフェの日15:00~16:30(チェックインは14:00までにお願いします)

    特製カレーの日17:00~19:00(チェックインは16:00までにお願いします)

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:1,000円/人 

 


osugidani-campsite.hatenablog.com

ワークショップ[流星群到来!星空観賞会]詳細

日 程: 8/12(日)~8/13(月) ペルセウス流星群

     10/7(日)~10/9(月)りゅう座流星群

               10/20(土)~10/22(月)オリオン座流星群

     11/17(土)~11/19(月)しし座流星群

時 間:夕刻~

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:無料

定 員:無制限

 

 

osugidani-campsite.hatenablog.com

 ワークショップ[ホタル鑑賞会]詳細

日 程: 6月中旬~7月中旬まで(雨の降っていない日)

時 間:日没の30分後~

場 所:大杉谷地区

料 金:無料

定 員:制限なし

ゲンジボタルの鑑賞は、お客様自身の自家用車で移動していただきます。 

 

 

 

ワークショップ[流星群到来!星空観賞会]

f:id:osugicampsite:20180618200441p:plain

[ホンモノの星空]

見れるか見れないかは天候次第。

真っ暗な闇の中に、無数に広がる満天の星空がここにはあります。

 

芝生にひいたブルーシートの上に寝転がって、流れ星を数えてみましょう。

『…あ、ながれた!』

『こっちもながれた!』

寝転がってみる空は、いつもよりももっと広くて、深いような気がしてきます。

あなたは、いくつの流れ星に出会えるでしょうか。

 

 

飛び入り参加、大歓迎!

ワークショップ[流星群到来!星空観賞会]詳細

日 程: 8/12(日)~8/13(月) ペルセウス流星群

     10/7(日)~10/9(月)りゅう座流星群

               10/20(土)~10/22(月)オリオン座流星群

     11/17(土)~11/19(月)しし座流星群

時 間:夕刻~

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:無料

定 員:無制限

 

 ご予約は大杉谷林間キャンプ村の予約ページから受付しています。

camp.boukyomaru.or.jp

バンガロー、またはテントサイトご予約時の備考欄に、希望のワークショップ名と参加人数(参加者の年齢)をご記入ください。

 

ワークショップ[ホタル観賞会]

f:id:osugicampsite:20180618204335p:plain

 

[夏の風物詩]

今から20年ほど前、心待ちにしていた時期があります。

梅雨もまだ明けない蒸し暑い夜、暗闇の中ポツポツと光る、ホタルの光。

幻想的なホタルに会えるこの時期が、大好きでした。

そんな私も大人になって、住んでいた町も徐々に変化をし、その光景をみることはなくなりました。

 

大杉谷で会える『本物のホタル』は、あの頃の気持ちを思い出させてくれます。 

[山にもいるホタル?]

大杉谷で出会えるホタルは、『ゲンジボタル』と『ヒメボタル』の2種類。 

ゲンジボタルは、きれいな水辺に生息していて、鑑賞時期は6月中旬~下旬頃まで。

ヒメボタルは、なんと山にいるホタル。ゲンジボタルと比べ、小さいのが特徴です。キャンプ場から徒歩圏内の林の中に、生息しています。ゲンジボタルが終わった頃に毎年現れます。

発光の仕方などの違いを見るのも面白いですよ!

ワークショップ[ホタル鑑賞会]詳細

日 程: 6月中旬~7月中旬まで(雨の降っていない日)

時 間:日没の30分後~

場 所:大杉谷地区

料 金:無料

定 員:制限なし

ゲンジボタルの鑑賞は、お客様自身の自家用車で移動していただきます。 

 

 ご予約は大杉谷林間キャンプ村の予約ページから受付しています。

camp.boukyomaru.or.jp

バンガロー、またはテントサイトご予約時の備考欄に、希望のワークショップ名と参加人数(参加者の年齢)をご記入ください。

 

 

 

ワークショップ[はじめてのブッシュクラフト]

f:id:osugicampsite:20180616164916p:plain

[ブッシュクラフトって?]

フィールドに合わせた必要最低限の道具と、そこにある自然の素材を利用して、より自然を身近に感じるための知恵、行為、技術を身につけるキャンプスタイルのこと。

普段のキャンプやアウトドアよりも、もっと自然に近く自由に楽しみながら、生きる知恵を考え学ぶことです。

 

不便こそ楽しい!できないことができるようになると嬉しい!

ブッシュクラフトは、不便なキャンプだと捉える方もいると思います。最新の便利なアウトドアグッズはないし、手間も時間もかかります。自分で考えて答えを出さなければいけないときもあるかもしれません。

けれど、それを乗り越えた時は、達成感でいっぱいになるはずです。便利なアウトドアグッズを使うよりワクワクしますよ!

 

今回は「住」編と、「食」編を各2回ずつ。

「住」編は、ペグづくり(第一回)とタープを張る(第二回)

「食」編は、カトラリーづくり(第三回と第四回)

各回ごとに内容が異なります。

ビギナー向けになりますので、ブッシュクラフトをはじめてみたいなぁという方に最適なワークショップです。

 

ワークショップ[はじめてのブッシュクラフト]詳細

日 程:「住」編 9/8(土) 10/6(土) 「食」編 11/3(土) 11/24(土) 

時 間:13:30~15:30(チェックインは13時までにお願いします)

場 所:大杉谷林間キャンプ村(大台町大杉159-21)

料 金:各回1,000円/人

定 員:20名程度(参加は中学生以上~)

持ち物:ナイフ(ない場合、事前申し込みでレンタルも可能です。)

 

 ご予約は大杉谷林間キャンプ村の予約ページから受付しています。

camp.boukyomaru.or.jp

バンガロー、またはテントサイトご予約時の備考欄に、希望のワークショップ名と参加人数(参加者の年齢)をご記入ください。