大杉谷林間キャンプ村のあれこれ

ユネスコエコパークの森[大杉谷]にある、人里離れたキャンプ場です

vol.3 ソロキャンプの集い

深い渓谷のずっと向こう

大杉谷の木々の中にあるキャンプ場に着いて

管理棟から上り坂を登って荷物を運ぶ。

 

荷物は背負ったザックと手に持って一度で運べる量だから

リヤカーの道より近道ができる。

息が切れながらも少し気温が低いキャンプ場で体が温めるには丁度いい。

 

美味しい空気を目一杯、深く深く呼吸をしたら

散策しながら場所を選ぶ。

 

インナーテントを立てて

フライシートをかけ、ペグを打つ。

 

湯を沸かし、ホットコーヒーを飲みながら

鳥のさえずりと風で木が揺れる音に耳を傾ける。

 

読みたかった本を取り出し、時間を忘れて読み耽る。

次第に瞼が重たくなって深い眠りにつき

起きると殆ど時間が経っていないことに少し安堵する。

 

周辺を散策して苔の美しさや

木の幹のザラザラ感を改めて感じたり

たまに見た目から想像できないふわふわする葉を見つけたり

面白い造形の木を見つけたりする

 

こんな風に一人気ままに過ごした日の夜

同じようにソロでキャンプする人と

輪になってご飯を食べたり、お茶をする時間があってもいい

 

街中で会う時のように気取らず見栄を張る必要は少しもなくて

大自然の中、等身大の自分で初めましてと言う時があってもいい

 

 

osugidani-campsite.hatenablog.com