大杉谷林間キャンプ村のあれこれ

ユネスコエコパークの森[大杉谷]にある、人里離れたキャンプ場です

vol.4 初めてのブッシュクラフト 住居編【木ペグとシェルター作り】

秋から春先にかけて

キャンプ場は一面落ち葉と枝が折り重なった厚みのある絨毯が敷かれる。

 

焚きつけにとても便利な杉の落ち葉や小枝の他に

少し太めの長い枝もある。

 

大きくなりすぎた木を出来る範囲で間伐して

しばらく雨ざらしにする。

葉は枯れて、やがて幹や枝が残り

ゆっくり乾燥させる。

 

暫くの歳月を経てようやく使える木を

枝の太さや形を見て削り

ペグやシェルターの支柱という

ブッシュクラフトのほんの一部を試している。

 

この木は樹齢どれくらいで

どんな人がこの木に携わってきたのだろうと思いを馳せながら

急がず、自分が良いと思うところまで削っていく。

 

とりあえず思うままに1本目を作り終える。

2本目、3本目を作っていくうちに段々とコツが分かって、1本目にも少し手を加えたくなる。

4本目、5本目にはだいぶ形が洗練されて

最後の6本目を削り終えた時、適度な疲労と達成感を感じる。

 

それでもまだ、自分の作ったペグだと分かるようにどういう方法が良いか

次の段階へ思いを巡らせる自分がいた。

 

osugidani-campsite.hatenablog.com